夜道で大活躍のランプ

夕方から暗くなり始めるとそれだけで運転手は、神経を使います。車の運転には、本当に小さな変化でもストレスを感じたりするものです。私たちは、早めに明りを灯してここのゆとりを感じながらハンドルを握ることができるように日ごろから車のチェックや整備にも時間を割いている必要があります。運転で最も大事なことは、前方確認です。だから、車のランプを装備しておけば夜中の運転にも余裕が持てるでしょう。 ビームの種類はSPOTで、ヘッドライトよりさらに遠くをあかるくし、FOGでは、車の前方をワイドに明るくすることができます。ドライビングでは、上方向へ拡散をカットして、ヘッドライトに近い設定になっています。 そのほかにもバックアップでは、後方の視界を確保することができます。デイタイムは、車の存在感を必要に応じて上げることができます。 いずれも12Vですが、ワット数が異なりますので、どの程度の明るさを求めているのかを決めてから購入を検討されるのがよいと思います。また車検では、これらのライトが法定基準に抵触しないことが前提です。

夜の道ではストレスを軽減し、周囲にも自分の車の存在をしっかりと伝えておく手段を持っていれば、未然に事故を防ぐことができるでしょう。