補助灯を選ぶなら

補助灯と聞くとあまり上手く説明出来ない人が多いと思います。読んで字の如く灯りを補助するものですがその役割と種類には様々なものがあります。まず役割としては霧の中や薄暗い天気にヘッドライトを付けるほどの暗さではない時に用います。また短いトンネル内など対向車に対して自車の存在を知らしめるために使用されます。

 

次に種類、つまり光源もいろいろな物が有りそれぞれに特徴があります。ランプ全体を一つの電球とするタイプで、かつて自動車メーカーの純正品は殆どがこのタイプでした。このタイプのメリットは発光部と反射鏡が一体構造の為、光軸などの性度が高く経年変化による狂いも無く、さらに安く入手することが出来ます。

 

デメリットは電球なので使用時間の経過と共に暗くなり、反射板や大型の物は作れないことです。他にはランプのケースと電球を別々にしたものがありますが古いタイプなので現在ではあまり製造されておらず製造車にも利用されていないのが現状です。しかしながらこのタイプはバルブが交換でき、ランプ本体には寿命が無いので長い間使用することが出来ます。また寿命が切れてもバルブだけ交換すれば良いので経済的です。

 
最近ではライトの光源としてLEDを使用するタイプも出て来ており初期投資は高くても長い間使用でき、かつ明るく光を出せるということで人気を集めています。