デイライトとして大活躍

日中における、自車の他社からの視認性の向上の為に、デイライトは非常に有効です。このライトは、デイタイムランプとも呼ばれています。最近では、標準装備されている車種も増えてきましたが、補助灯としの選択ならば、LEDタイプがお勧めです。エンジンが始動している間は、ずっと点灯しているので、その消費電力は大きくなっています。

 

しかし、LEDタイプならば、通常の白熱球と比較して、LEDタイプの消費電力は1/10程度となります。最近のLEDは改良が進み、ヘッドライトとしても採用されるようになりました。ですから、夜間の補助灯としての使用も十分に可能となります。そうすれば、デイタイムランプとして、補助灯とは別に設置する必要が無く、外観もすっきりとします。

 

さらに、補助灯を点灯すると、メーター灯や、テールランプも点灯してしまいますが、専用の装置を追加することにより、補助灯のみを点灯させることが可能となっています。そうすれば、さらに消費電力が抑えられて、オルタネーターによる発電の負荷が減少し、さらなるエコにもつながります。自車の安全の確保と、省エネ効果のためにも、LEDタイプのデイタイムランプの装着をお勧めします。